S-Collection株式会社 WEBチケについて

S-Collection株式会社の電子チケットサービス「WEBチケ」事業

不正転売の防波堤に!マイナンバーカード

素早く簡単に、厳密な本人確認が可能に!

電子チケットの不正転売については、過去に何度か取り上げてきました。今回は不正転売対策として、マイナンバーカードを活用した本人確認について紹介します。

 

【不正転売の関連記事】

「便利な電子チケットに潜む落とし穴!2」

「顔認証でチケット高額転売を防ぐ!」

「電子チケットは2020年東京五輪・パラリンピックの入場券でも活躍予定!」

「要チェック!転売防止の事例集」

 

公的個人認証サービスとは?

マイナンバーカードには、サイトにログインする際に、利用者が本人であり、他人による「なりすまし」でないことを証明する機能があります。これがマイナンバーカードの「公的個人認証サービス」です。

公的個人認証サービスを活用することで、チケットの不正購入や不正転売を防ぐことができます。

総務省とチケットぴあの実証実験

総務省とチケット販売大手のぴあは2017年3月、プロバスケットボールB.LEAGUE」観覧者の一部を対象に、マイナンバーカードを使った認証機能の実証実験を行いました。お客さまは専用Webサイトでマイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用してチケットを予約し、コンビニ店頭の実験用端末にマイナンバーカードをかざして決済、会場入り口で再度かざして本人確認をするという仕組みです。2018年にも、チケットの高額転売を防ぐ新システムの導入を検討しています。

 このようにマイナンバーカードを活用することで本人確認を簡単に素早く、かつ厳密に行うことが可能になり、不正転売に対して有効な施策を打つことができます。

S-Collection株式会社が提供する電子チケットサービス「WEBチケ」でも今後、マイナンバーカードの活用も視野に入れ、不正転売の防止に努めてまいります。