WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

「WEBチケ」サービスが、わずか2年で爆発的に採用された理由

掴んだ「好況」とひとつひとつ積み上げた「実績」

S-Collection株式会社は、チケットの利便性を向上させるために、2015年9月から電子チケット事業「WEBチケ」サービスを開始しました。

「WEBチケ」サービスがリリースしてすぐ実績をつくった理由のひとつは、「WEBチケを利用する数多くのメリット」があります。この点に関しては、「発券から入場まで!すべてをスムーズに実現する「WEBチケ」の力でまとめています。

今回は、リリースされた当時の市場の側面から、「WEBチケ」サービス拡張の理由についてお伝えします。

なぜリリースしてすぐ伸びたのか?WEBチケ」が掴んだ、市場の好況

「WEBチケ」サービスを始めた背景には、2000年以降伸び続けているライブエンタテインメント市場の好況がありました。

サービスを開始した2015年当時、ライブエンタテインメントの市場規模は、好調だった前年よりさらに20.2%増の5,119億円(ぴあ総研調べ)まで拡大していました。

伸び行く市場で、企業様がより収益を出すことへの貢献をとおして、S-Collection株式会社の事業を拡張させていくために、「WEBチケ」はリリースされました。

1万人越えのイベントでも!?「WEBチケ」の爆発的な採用実績

実際にリリースされた「WEBチケ」は、その使いやすさや活用できる多数のメリットを評価していただき、わずか2年ほどで数々のイベントに採用していただきました。

イベント内容も多種多様ですが規模もさまざまで、これまで200人~1万人規模の講演会やライブで活用されています。

 

【過去実績例】

・仮面女子 ワンマンLIVE(1,000人動員)

丸本莉子 ワンマンLIVE(1,300人動員)

・モテワンコンテスト(約10,000人動員)

ジェームス・スキナー氏 出版記念講演会(1,139人動員)
・安田正氏 出版記念講演会(250人動員)
・國分利治氏 「地道力」出版記念講演会(650人動員)
神田昌典氏 講演会(1,200人動員)

 

市場の好況を掴んでいった「WEBチケ」ですが、これからどのような市場になったとしても、より多くの企業様にご活用いただけるよう、活用の幅を広げていきます。

今後も「WEBチケ」というサービスをとおして、お客さまがイベントで経験する新たな出逢いや学びをより身近に、そして企業様の収益をより増やしていくことに、貢献し続けます。