WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

こんなに簡単!WEBチケをもぎってみた!!!

たったの3ステップ!WEBチケをもぎる流れをみてみよう!!

そもそも「もぎる」とは、劇場、映画館、および競技会場などの入場口や受付で、紙の入場券の半券をもぎとることを指して使われていました。今は電子チケットに対しても使用されています。

S-Collection株式会社が提供する電子チケットサービス「WEBチケ」は、画面を指でなぞるだけで、もぎることができます。もぎり画面はスマートフォンの画面全体に表示され、当日のもぎりパターンを覚えれば、だれでも簡単にもぎることが可能です。

今回は、実際の「WEBチケ」の画面を見ながら、イベント当日にチケットをもぎる流れを紹介します。

 
1.もぎり画面の提示

申込み時に送付されるメールのURL、またはチケット購入者からSNSやメールで共有されたURLをクリックすると、以下のような画面が表示されます。当日は、受付スタッフにこのもぎり画面を提示します。

f:id:s-collection_webticket:20180123112623j:plain

2.チケットのもぎり

受付スタッフがチケットをもぎります。もぎりパターンは各イベント、講演会ごとに決めています。

f:id:s-collection_webticket:20180123112723j:plain

3.もぎり完了画面の表示

もぎり完了のスタンプが押された画面が表示されます。

f:id:s-collection_webticket:20180123112842j:plain

このように簡単なチケットのもぎり操作が、スムーズな入場を実現し、イベント自体を楽しむことができたというお客さまの声に繋がっていると企業様からは評価いただきます。

 

また、「WEBチケ」は主催者へレポートメールを定期的に配信しているため、リアルタイムで集客状況の確認もすることができます。

 

その集客状況によって当日の受付スタッフの人数を調整することが可能となり、よりスムーズな入場やコストダウンにも役立ちます。

S-Collection株式会社の「WEBチケ」は、簡単に操作ができることを強みに、企業様とお客さまの双方にとってご活用いただけるものとなるよう、進化し続けていきます。