WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

ビッグデータの価値をより大きくする「WEBチケ」の知られざる活用法

ポイントは「どれだけビッグデータを活用できるか」!

S-Collection株式会社の「WEBチケ」は、導入する企業様にとってさまざまなメリットがあります。今回は、「WEBチケ」が企業様の生産性向上にどのようにお役立ていただけるかを、「ビッグデータの活用」と関連させて紹介します。

企業様の収益をどんどん増やすビッグデータの可能性!

生産性向上に重要な役割を担っているのが、ビッグデータです。
以前「ビジネスにはビッグデータ!新しい価値を提供します!」で紹介したように、ビッグデータをビジネスに活用して、サービスの質や収益を向上させることが可能です。
具体例として、EC(ネット通販)サイト最大手であるAmazonでは、「この商品を買った人はこんな商品も」と表示する機能があります。この機能は、一般的に「レコメンドエンジン」と呼ばれ、検討中の上位互換商品の販促をさす「アップセル」や、検討中の関連商品の販促をさす「クロスセル」に一役買っています。
実際、ネットショッピングサイトを運営する株式会社ルクサでは、サイトの売上金額全体に対して、レコメンド機能による売上が約9%(2017年)を占めるという実績もあります。

「WEBチケ」×「ビッグデータ」が実現する収益アップのしくみ

「WEBチケ」を導入いただくと、イベント来場者のデータをリアルタイムに取得することが可能です。
そのデータを活用して、来場者ひとりひとりに適切なタイミングで、最適なアプローチをすることができます。たとえば、イベント中の昼食の時間帯にあわせて飲食クーポンを配信したり、グッズ販売のアナウンス直後にグッズの割引クーポンを配信したりすることが可能です。
このようにビッグデータを活用して潜在的なニーズを引き出し、来場者の満足度とイベント収益を最大化させることができます。

「WEBチケ」でビッグデータをより効果的に活用し、労力を抑えてサービスの質向上や収益アップを実現していく。そんなご提案も、S-Collection株式会社は可能です。
ご興味のある企業様は、ぜひ一度「WEBチケ」をお問い合わせください。