S-Collection株式会社 WEBチケについて

S-Collection株式会社の電子チケットサービス「WEBチケ」事業

日々改良!電子チケットが解決していく課題

便利な電子チケットが抱える問題とは?

チケットの主流は紙チケットから電子チケットに変わり、今後も増加していく傾向です。しかし電子チケットは便利な反面、課題点もあり対応が急がれています。

電子チケットが抱える課題として、操作面やシステム面の問題などがありますがS-Collection株式会社の「WEBチケ」も同様の課題を解決するために、日々改良を進めています。

 

操作面の問題

まだ電子チケットのチケッティングに慣れていないという現状があります。QRコードやスタンプを押すものなど各社それぞれチケッティング方法が違うため、操作方法の確認をする必要があります。実際にチケッティングする際には操作マニュアルを読むと、2回目以降はスムーズにできるものが多いです。

 

システム面の問題

電子チケットを取得するためのアプリのシステムに問題があり、一部のユーザーが数千円~1万円程度の通信料の過剰請求が起きたことがありました。そのほかにも電子チケットの読み取り機械の不具合や、存在しない座席番号が案内されるなどの問題が国内で発生しています。そのため円滑な運用ができるシステムづくりが急がれています。

 

上記のような課題に対して、S-Collection株式会社の「WEBチケ」では下記のような対応を行なっています。操作面では、チケットのもぎりがしやすいように、指でなぞるだけとやり方をシンプルなものにしています。システム面では、よりスムーズな入場を実現するため、電波がないところでのチケッティングや、市場価格を崩す元となる転売行為を防止する開発を進めています。

 

電子チケットのさまざまな課題に対して、S-Collection株式会社は今後も常に先読みをしながら課題解決につとめてまいります。