WEBチケについて

S-collectionのWEBチケについて

日々改良!電子チケットが解決していく課題

チケットの主流は、紙チケットから、電子チケットに変わり、今後も逓増する傾向があると思われます。

便利な反面、課題点もあり、対応も急がれています。

 

電子チケットが抱える課題は、オペレーションの問題・電子チケットの読み取り機械の不具合などありますが、S-collectionのWEBチケも順次同様の課題を対応中です。

 

①オペレーションの問題

まだ電子チケットのチケッティングに慣れていない現状があります。

ただ、指でなぞる程度でチケッティングはできますので、1回慣れれば2回目は任せっきりで大丈夫です。操作方法がしっかり書いてあるマニュアルを読めば、難しくないと思います。

 

②電子チケットの読み取り機械の不具合

電子チケットを取得するためのアプリのシステムに問題があり、一部のユーザーが、数千円~1万円の通信料の過剰請求が起きるなどの問題が起きたり、電子チケットの読み取り機械の不具合や、存在しない座席番号が案内されるなどの問題が、国内で発生しているようです。そのために、円滑な運用ができるシステム作りは急がれています。

 

紙から電子へシフトしている分、利便性もありますが、上記のような課題もあります。

WEBチケでは、オペレーションやシステムでトラブルがないよう安定した運用を続けてまいります。

オペレーション面では、WEB上でのチケットのもぎり方がしやすいよう、やり方もシンプルなものになっています。

システム面では、スムーズな入場をよりできるよう、電波がないところでのチケッティングや、市場価格を崩す元となる転売行為を防止する開発へ急いでいるところです。