S-Collection株式会社 WEBチケについて

S-Collection株式会社の電子チケットサービス「WEBチケ」事業

電子チケットでチケット買い占めと高額転売を防ぐ!逆境がビジネスチャンスに

チケット業界へ求められている技術とシステム構築

チケット業界では、チケットの買い占めと高額転売が深刻な問題となっています。
チケットの買い占めと高額転売のデメリットは2点あげられます。

1.チケットが本当に欲しい人の手に渡らない
2.市場規模縮小の悪循環が生まれる
(高額チケットの購入者の経済状態が悪くなる→購入者はファングッズなどの購入資金がなくなる→グッズ売上が下がる)

2020年の東京オリンピックパラリンピックに向けて、世界各国からの評価をあげるためにも、さまざまな企業が早急にチケットの買い占めと高額転売問題の解決に着手しています。


1.日本最大イベントで大注目!電子チケットサービスと転売防止ソリューション

2018年2月21日〜23日に開催されたライブ・エンターテインメント分野の日本最大の専門展であるライブ・エンターテインメントEXPOは来場者数23,876人と大盛況でした。そのなかでも注目されていたのは、電子チケットサービスの転売防止ソリューションです。

具体的に注目されていた技術は、電子スタンプを使ったチケットサービス、リストバンド決済、あるいは顔認証などです。チケット業界の転売問題をチャンスに変える企業は活気があり、商談も活発におこなわれていました。


2.適正価格で手に渡る仕組みを!「WEBチケ」がつくる未来

チケットの転売は、急きょ行けなくなった人の「転売したい」というニーズと、「どうしてもチケットが欲しい」という人とのニーズがマッチングし、成り立っています。

高額転売によるデメリットは生じますが、チケットを欲しい人が適正価格で購入できれば問題はありません。つまり、急きょ行けなくなった人がスムーズにチケットを返却できること、もしくは損失を被らない転売のシステム構築をしていくことがいま求められています。

S-Collection株式会社で取り扱っている「WEBチケ」は、チケットの受け渡しがメールで簡単にできる特徴を活かしていきます。今後は高額チケットの転売防止への取り組みを強めていき、さらに活躍の場を広げ、トータルで問題を解決できる提案をしていきます。