WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

電子チケットで恩恵を受ける意外な業界とは

需要の高まりを収益に!電子チケット導入による大きな経済効果

電子チケットサービスは、今後さらなる拡大が見込まれる事業として注目が集まっています。電子チケットサービスを導入することによって、お客さまと企業様でwin-winの関係が構築できます。

今回は、「電子チケットサービスがどのような業界で活かされているのか」について紹介します。

アーティストとファンをつなぐサービスで収益をつくる活用法!

電子チケットは紙のチケットを発行せずに、 スマートフォン1台で購入から当日の入場までができるサービスです。電子チケットの導入によって、利便性の向上、不正転売の防止、および正規価格チケットの適正な流通が実現できます。

さらには、電子チケットサービス取り扱い会社とファンクラブサイトを運営する企業様が提携することで、さまざまなサービスの提供を可能にします。たとえば、ファンメール配信サービスによるチケット先行購入、プレゼント応募、およびメルマガ購読などがあります。

また、参加したライブの写真やレポートをコレクションできるコンテンツ制作など、お客さまに喜ばれるサービスが展開できます。

電子チケットサービスを活用いただくことが、ファンクラブサイトを運営する企業様のさらなる収益へとつながります。

増えるインバウンド需要を着実に収益に変える活用法!

最近では、数多くの観光施設やアミューズメント施設で電子チケットが導入されています。電子チケットであれば、世界中どこでも送料なしでチケットの取得が可能になり、言語の壁もなくすことができます。

そのため電子チケットを活用することは、国内市場に加えて、訪日外国人観光客に対する集客にも効果を発揮します。その結果、企業様がインバウンド需要を収益にしていくことにつながります。

小さな差別化で大きな収益をうむ活用法!

シネコン(映画館)では、オンライン上で作品選択から座席予約、決済までを一度に済ますことができる電子チケットサービスが普及しています。

このように「商品による差別化がむずかしい業界」では、お客さまに選ばれるために、「便利さ」という新たな付加価値の提供が求められています。その付加価値の有無が、大きく収益に影響することも少なくありません。

 

S-Collection株式会社の「WEBチケ」では、予約、決済、発券システムの構築をしています。年齢層や性別に合わせた販促機能、アンケートの実施もすることができます。

今回紹介した業界はもちろん、ほかの業界でも「WEBチケ」の利便性を活かしていけるしくみを構築しています。

今後も、お客さまの声をサービスに活かしながら、お客さまにとっても企業様にとっても継続して喜ばれるサービスの提供をおこなっていきます。