WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

電子チケットが時間を生み出す!?どんどん拡がるお得な活用方法!<東日本編>

週末に「楽しい」を増やす!電子チケットの3つの活用事例

電子チケットは全国各地で多くの人に活用されています。特に、発展していて人口も多い首都圏で普及が進んでいますが、地方でも活用されており、その活用方法はさまざまです。

今回は東日本の地域に注目し、テーマパークへの入場時、旅行先での観光時、およびスポーツの観戦時の3つの電子チケット活用事例を紹介します。

1.テーマパークでつかえる電子チケット

日本でも特に大きいテーマパークである富士急ハイランドはE-TICKETS、東京ディズニーリゾートはディズニーeチケットを採用しています。

【E-TICKETSの発券方法】
自宅や職場など、どこでも時間を気にせずチケットを購入できます。スマートフォンやパソコンから予約、決済、チケット入手が可能で、チケット窓口に並ばずに入場できます。

E-TICKETSは、ヤフー株式会社が運営する電子チケットサービス「PassMarket」にて販売しています。Yahoo!JAPAN IDでログインすれば購入でき、一度登録すれば個人情報や決済方法などの入力を割愛できるメリットがあります。

当日は入場口付近の「E-TICKETS」コーナーにある発券機に、E-TICKETSのQRコードをかざすとチケットが発券できるため、お客さま自身が印刷する手間なく利用することができます。


【ディズニーeチケットの発券方法】
ディズニーeチケットは、インターネット上で購入したチケットをお客さまが印刷して、パークにもっていく形式を採用しています。販売窓口へ並ばずに入園できることが大きなメリットで、ディズニーeチケットによって短縮できた時間をより園内で楽しむ時間に充てることができます。
 

2.旅行先でつかえる電子チケット

大手旅行会社の株式会社JTBが発行するJTB電子チケットは、対象のレジャー施設で利用が可能です。例えば、北海道の登別マリンパークニクス、東京都のとしまえん、および千葉県のマザー牧場などが対象です。また、旅行のプランによって、パケージに電子チケットが利用できるものあります。

こういった電子チケットを採用しているレジャー施設は、全国で年々増えています。

3.スポーツ観戦でつかえる電子チケット

株式会社北海道日本ハムファイターズのチョッQR、株式会社楽天野球団のEチケステーションなどがあります。

【チョッQRの発券方法】

パソコン、スマートフォンタブレット端末や携帯電話があれば、球団ホームページや公式携帯サイトから24時間いつでもファイターズのチケットを購入できます。

チョッQRは、北海道日本ハムファイターズ主催の札幌ドーム、東京ドーム、道内地方開催の試合、一部のイースタンリーグの試合のチケットを販売しています。

QR入場」を採用している札幌ドームでは、持参したQRコードをかざすだけで、スムーズな入場が可能で、混雑緩和の一因として期待されています。


電子チケットはスムーズな入場を実現するだけではなく、割引価格で購入できるケースも多く、お得に活用することができるツールです。その利便性とお得さから利用者を増やし、全国各地でその活用の場を広げています。
次回は、西日本に注目した電子チケットの活用例を紹介します。