WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

テーマパークでスムーズな入場が可能に!

便利で簡単!みんなで楽しむことに集中できるチケット

テーマパーク業界の2016年の市場規模は6,581億円あります。(経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」より)

例えば、USJ那須サファリパーク、鴨川シーワールドなどのテーマパークや動物園、水族館でチケットの電子化が進んでいます。

他にもエンターテインメントやスポーツなどさまざまな業界でも活用されるようになり、電子チケットの使用率は年々増加しています。

電子チケットによる来場時のチケットレス導入の目的は、お客さまへの前売りチケットの提供と、開園直前の購入窓口混雑の緩和です。

今回は、電子チケットを導入しているテーマパークの事例とS-Collection株式会社の「WEBチケ」活用法について紹介していきます。

テーマパークで浸透しつつある電子チケットとは?

電子チケットとは、インターネットで購入できるチケットで、電子端末の画面がチケットがわりです。

テーマパークではすでに電子チケットの購入が浸透しつつあり、紙のチケットと比べて大幅なコスト削減につながっています。

いつでも購入可能!開園前の長蛇を解消できる

電子チケットを導入することで24時間365日、いつでもスマートフォンタブレットガラケーなどの携帯端末を持っていれば、事前にチケットを購入することができます。

そのため、開園1時間前からお客さまが並ぶ必要がなくなり、チケット販売ブースが混雑することを避けられます。

入場の手続きが簡単!時短でストレス軽減

「テーマパークに入るには、長時間並ぶ必要がある」と思っている人は多いと思います。「チケット買うだけでも時間がかかったのに、また並ぶのか」となれば、入場する前にストレスを感じますよね。

そこで、電子チケットを事前にインターネットで購入しておけば、指定された画面を提示して入場口でスキャンをするだけで手続きが完了します。

例として、大阪のユニバーサルスタジオジャパンがあります。こちらのシステムについて詳しく知りたい方は「電子チケットはなぜ便利?テーマパークでも大活躍」をご覧ください。

来場者の傾向がわかる!集客につながる電子チケット

インターネットで購入する際に、お客さまには個人情報を入力してもらいます。そのため、性別、年代、地域、家族連れなのかなど顧客データを蓄積していくことが可能です。

家族連れが多いという情報があれば、「家族向けのイベントをパーク内で開催すれば、より集客につながるのでは」とマーケティング戦略を立てることもできます。

上越国際スキー場では、インターネットを使う若い世代をターゲットにして、電子チケットで購入したお客さまにだけ特典をつけ、入場者数を伸ばした成功例があります

S-Collection株式会社の「WEBチケ」を紹介!入場時間とコストを大幅に削減

S-Collection株式会社では、電子チケットの1つである「WEBチケ」を扱っています。

電子チケットの特徴である入場手続きが簡単、マーケティングにつながるデータの蓄積ができるという点は当然ですが、導入する際に専用のページを新たに作る必要がなく、既存のホームページにURLを載せるだけでシステムが使用できるというメリットもあります。

また、QRコードを使用する電子チケットは違い、認証装置が必要ないため機器の導入費用を抑えることができます。

チケットをもぎる際は、入場口にいるスタッフがその場で臨機応変に対応することも可能となり、クレームを未然に防ぐことやお客さまの満足度向上にも繋がっています。

S-Collection株式会社ではこの「WEBチケ」を活用して、テーマパークの快適な運営をトータルでサポートしていますので、ぜひ導入をご検討ください。