S-Collection株式会社 WEBチケについて

S-Collection株式会社の電子チケットサービス「WEBチケ」事業

大規模イベントでも!世界中に広まる電子チケット!

ビジネスチャンス拡大に一役担う電子チケット!

 

昨今、エンタメビジネスの先駆けとされるアメリカでは、すでに電子チケットが主流化しています。

その普及率は2016年時点で、コンサート、メジャーリーグの試合のチケットで90%以上、全米バスケットボール協会(NBA)、全米プロフットボールリーグ(NFL)、北米プロアイスホッケーリーグ(NHL)の試合のチケット70%~80%を占めます

 

このような電子チケットの普及は、世界でも広がりつつあります

具体例をあげると、世界最大のチケット販売会社チケットマスター(Ticketmaster)では、33か国で24万回のイベントのチケットを担い、4億人にチケットを提供しています。

 

さらにチケットマスターは、2016年3月下旬にAPI*を公開し、Facebookや世界最大の動画プラットフォームYouTubeとの連携を行って、お客さまがチケットをより購入しやすい環境を整えました。

アーティストのFacebookYouTube動画にコンサート情報を表示させ、チケットマスターのサイトからチケットが購入できる連携が開始となりました。その結果、ファンは好きなアーティストの近況把握、動画視聴からチケット購入までを簡単に行うことができるようになりました。

 

日本の数年先をくアメリカを追いかけ、今後電子チケットは日本でもよりいっそう普及する可能性があります。

そのなかでS-Collection株式会社はこれまで約200人~1万人規模の講演会やイベントに「WEBチケ」を提供した実績があります

 

・仮面女子 ワンマンLIVE(1,000人動員)

丸本莉子 ワンマンLIVE(1,300人動員)

・モテワンコンテスト(約10,000人動員)

ジェームス・スキナー氏 出版記念講演会(1,139人動員)

・安田正氏 出版記念講演会(250人動員)

・國分利治氏 「地道力」出版記念講演会(650人動員)

神田昌典氏 講演会(1,200人動員)



「WEBチケ」を今後さらに大規模なイベントで活用していただけるように、さまざまな業界の企業様と連携しながら、ひとりでも多くのお客さまに利便性の高いサービスを提供していきます。そして、電子チケットの普及に伴って増えるビジネスチャンスで、企業様が収益をアップさせていくことに貢献します。

 

*アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略。基本ソフト(OS)やアプリケーション・ソフト、インターネットのサービスなどが、自らの機能の一部を、他のソフトやサービスから簡単に利用できるように、機能の呼び出しやデータの受け渡しなどの手順を定めたルールのことです。例えば、スマートフォンには多くのツイッター用アプリが用意されていますが、これらはすべて、ネットサービスであるツイッターに用意されたAPIを使い、必要なデータを送受信しています。