WEBチケについて

S-CollectionのWEBチケについて

「WEBチケ」でチケット購入者のニーズに合わせたイベント開催

お客さまのニーズを実現していくチケット

前回まで紹介してきたように、S-Collection株式会社の「WEBチケ」は、チケット販売業務の効率化や、チケット購入者の属性、動向を把握することができます。
しかし「WEBチケ」は、業務を効率化できたり、チケット購入者について把握するだけのツールではありません。
「WEBチケ」を活用することで、チケット購入者のニーズに合ったイベントの実現が可能となります。コンサート、ライブ、テーマパーク、映画館などのさまざまな場面で、お客さまの求めるものを提供していく力を、このツールは持っています。
今回は、その強みを紹介します。


お客さまのリクエストに合わせたライブが実現

「WEBチケ」の一斉メール配信機能を利用することで、チケット購入者に対して、開催日より前に開催内容に関する事前アンケートやリクエストを募ることができます。
ライブを例にあげると、そのリクエストを元に、出演するアーティストがファンの期待に応えるメッセージを投げかけたり、曲目を選出することで、来場者の満足度をより上げることができます。


イベント会場内の飲食ブースでも活躍

大規模イベントにて、イベント会場内に飲食ブースを設けている場合の多くは、開催当日に食事券を来場者に販売する流れになっています。
イベント来場者からすると、当日に飲食ブースの出店を見て選ぶ楽しみはありますが、食事券を購入するための行列に時間をとられたり、食事券はあっても食事が売切れで購入できないこともあります。
それらの対策として、食事券としても「WEBチケ」を活用してみてはいかがでしょうか。

 

事前に電子チケットにて食事券を販売することで、食事券の販売数を調整できたり、食事券購入者数を大まかに把握することにより、どの程度食材を用意する必要があるのかを予測することができます。

 

上記は一例ですが、他にもS-Collection株式会社の「WEBチケ」を活かせる場面は数多くあります。

 

企業様の収益につながるよう、その幅広い活用方法をご提案させていただきます。
ぜひ導入をご検討ください。