WEBチケについて

S-collectionのWEBチケについて

QRコードと電子チケット

QRコードで多様なサービスの提供が可能に

世界中でITを活用したサービスが加速している今、“現金文化”が根強い日本でも消費者の支払い方法は多様化してきています。

最近では、特にスマートフォンでQRコードを読み取るだけで買い物ができるサービスが注目を集めています。
20年以上も前に開発された技術であるQRコードが、今なお多くのお客さまや企業様に使われている理由は大きく3点あげられます。

 

1.カメラ機能がついていれば利用可能(お客さま側)

電子マネーと違いスマートフォンの機種に制限がなく、カメラさえついていれば利用が可能です。

2.導入の際にかかる初期費用を抑えられる(企業側)

電子マネーは専用の装置が必要であるのに対して、QRコードはスマートフォンタブレットなど端末があれば導入可能です。

3.顧客へのさまざまなアプローチが可能(企業側)

アプリを通じて利用するQRコードの場合、メッセージの送付や優待キャンペーンが手軽に配信できます。

 

このようなQRコードでの支払い可能なサービスは、中国やアメリカを中心に海外での普及は進んでいますが、海外に比べると日本では普及が遅れています。


現在S-Collection株式会社は、時代の変化にともない、電子チケットの「WEBチケ」を提供しています。
今後はQRコードの特性を活かした効率的な機能を増やし、より質の高いサービスの提供に努めてまいります。