WEBチケについて

S-collectionのWEBチケについて

スポーツ観戦に新時代到来!電子チケットで市場拡大!

なぜスポーツ観戦チケットが紙から電子になっていくのか

現在、スポーツ観戦の市場では高い利便性から電子チケット化が進んでいます。

2020年の東京五輪パラリンピックに向けてスポーツへの関心とともに、電子チケットの利便性やセキュリティレベルにも注目が集まっています。

 

従来の紙チケットの場合、紛失や配送の不着などのトラブルがイベント当日の運営に大きな影響を与えることがあります。
また、チケットの配送時間の確保を想定してイベント側が早めに〆切りを設定されているということも、参加者がイベントにエントリーする際の障壁となっています。
〆切りが早いということは、主催する企業様にとっても集客できるチャンスを逃すことにもなります。

 

電子チケットの場合は、参加エントリー後にチケットの発券・配送を待つ手間がなくなり、スマートフォンでチケットの受取・発券を行うことが可能です。
手軽にチケットを入手することが可能となるため、これまで参加をしたことがない人が気軽に参加できることにも繋がります。
また、エントリーからチケットの発券までのタイムラグがなくなるため、主催側は開催の直前までエントリーを受け入れられるようになり、より長期間にわたって参加者を募ることができるようになります。

 

最近では、プロスポーツをより手軽に観戦できる仕組みを作ろうと、企業とチームの提携が増えています。

一例として、eBay Inc.子会社のチケット仲介取引サービス「StubHub(スタブハブ)」の運営会社、チケットエクスペリエンスは、セレッソ大阪FC東京などと提携しています。

クラブチームと提携することで、年間パスポートの所有者が観戦に行けない試合のチケットを、クラブ公認で転売できる仕組みを提供することができます。
ファンにとっては、すでに完売した試合を観戦できるチャンスが生まれ、クラブには集客増のメリットがあります。

企業とスポーツチームの連携が進めば、さらなる市場拡大が期待されます。

 

S-Collection株式会社では専用アプリなしで電子チケット「WEBチケ」が利用できます。

「WEBチケ」の電子チケットとしてのメリットを最大限活かしながら、拡大しているスポーツ観戦市場を利益に変えていくことにお役立てください。