WEBチケについて

S-collectionのWEBチケについて

意外と身近!海外の電子チケット市場

海外イベントのチケット事情 

海外のチケットサイトの日本進出もあり、電子チケットが利用者にとってより身近なツールとなってきています。
そこで今回は、海外サイトでも導入が進んでいる点から、電子チケットについてご紹介します。

 

増える海外チケットサイト利用

日本で購入できる海外チケットサイトの中に、eBay Inc.子会社で、チケットエクスペリエンス社の運営する「StubHub」があります。StubHubを通してのチケット購入にはアメリカ及びイギリスの5万件以上のイベントに対応しており、その対象チケット数は10万枚以上に上ります。
購入後数分でダウンロードできるため、海外のイベントのチケットでもすぐに情報を確認することができます。

2013年にはStubHubを利用している日本人だけで、1万枚以上のチケットが購入されていました。このことからも、日本人の海外チケットへの需要の高さが伺えます。

 

買うだけじゃない!?電子チケットサイトの便利なサービス

StubHubでは、購入の際に座席からの眺望が確認できたり、チケット価格をサイト上で比較できる「3Dシートマップ」という機能が導入されています。これは現在海外チケットにのみ提供されているものですが、今後は国内のスタジアムなどでも利用できる予定で、チケットを購入するときに自分の座る位置をよりイメージできるようになります。

 

 

今回の記事ではStubHubを例にしましたが、近年では海外サイトの電子チケットをうまく利用して、海外で有名なアーティストのコンサートチケットを簡単に購入できる傾向にあります。

S-Collection株式会社の「WEBチケ」では、TSUTAYA様がプロデュースする「TSUTAYAビジネスカレッジ」と提携して、経営コンサルタントジェームス・スキナー氏の講演会を開催した実績もあります。
講演会で提携先をお探しの際は、ぜひS-Collection株式会社にご一報ください。