WEBチケについて

S-collectionのWEBチケについて

ここがポイント!ビッグデータを使う価値!

ビッグデータが社会や企業にもたらす価値

 

なぜいま、「ビッグデータを活用できているか」が、ビジネスに大きな差を生み出しているのでしょうか。

そもそも「ビッグデータの活用」とは、高速なハードウェアや高度なソフトウェアを利用することではなく、「データや情報という資産を活用すること」です。

ビジネスは、データや情報が命です。そのため、ビッグデータのビジネスへの活用範囲は、企業の成長と共にひろがり続けています。

ここでは、そんなビッグデータの活用について触れていきます。

 

現在、ビッグデータが特に活用されている分野は、検索、電子商取引ソーシャルメディアなどのウェブサービス分野です。収集される膨大なデータを、各種サービスの提供にスピーディーに活かすことで、事業を拡張しています。

 

ビッグデータが社会や企業にもたらす価値として、以下の6点が挙げられます。

1.経営戦略、事業戦略の策定

2.顧客や市場の調査・分析

3.経営管理

4.事業の効率化

5.基礎研究、学術研究

6.在庫圧縮、最適供給

 

この価値を活かして、事業を大きく伸ばしている企業の代表例には、AmazonAppleFacebookGoogleなど、米国のネット系プラットフォーム事業者があります。

 

各社は、顧客の商品・デジタルコンテンツの購買履歴や決済情報、コミュニケーションの発信履歴などの膨大なデータを蓄積しています。

その強みを活かして、サービス革新を進め、世界に展開する大企業へと成長し、今なお事業を拡張し続けています。


ビッグデータを活用して、ビジネスに大きな差を生む側になるお手伝いを。
その想いでS-Collection株式会社がご提供できる価値を、次回の記事ではご紹介します。